年間行事 functions


 『奉納』とは、神様に対し祈願や感謝の気持ちをあらわす為、御神前に相応しい品物を献上したり技芸を披露することであり、古くから行われております。
 神社にご奉納をする際によく用いられる『 初穂 ( はつほ ) 』とは、秋の収穫時、先ず最初に神様に食して頂く稲穂のことです。当初は穀物の初穂であったものが、後にそれ以外にも拡大され、お酒、野菜や果実、海産物、さらには金銭に対しても用いられるようになりました。又、昔からお正月には神様にもお餅(鏡餅)をお供えする慣習が今も残っております。
  今日では季節に関わらず、金銭を初穂としてご奉納することが多くなりましたが、その場合、お包みの表書きには『初穂料』、又は御神前にお供えする 玉串 ( たまぐし ) に因んで『 玉串料 ( たまぐしりょう ) 』と書くのが一般的でしょう。(尚、お包みは 袱紗 ( ふくさ ) に乗せて出す方が丁寧です)


ご奉納(初穂)の受付は下記の通りです。
平時 …社務所
毎月10日 …御社殿向って左側にある受付(札所)

初こんぴら(1月10日) …社務所
大祭(10月10日) …社務所
 

尚当宮では、特に大祭(10月10日)に対するご奉納については、普段の初穂料とは区別し、『大祭費』と称してお受け致しております。

お問い合わせ…金刀比羅宮社務所  03-3501-9355

虎ノ門金刀比羅宮
祈祷のご案内
ご奉納
ご作法
写真館
交通案内
由緒
境内
年中行事
お守り・お札
縁結び
虎ノ門 金刀比羅宮
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目二番七号
TEL : 03-3501-9355
Copyright 2007 KOTOHIRA-GU All Rights Reserved.

 

由緒 境内 年中行事 守札・授与品 交通案内 簡単なご作法ご祈祷のご案内 虎ノ門金刀比羅宮