年間行事 functions


〜 金刀比羅宮の移り変わり 〜

 

明治初期




中門通りの様子で、正面に見えるのが鳥居です。
通りに面しているお店の看板に、当宮の御神紋である丸金が確認できます。
   

明治初期




先の戦災で焼失する前の御社殿です。
当時は鳥居の紙垂しでが8枚だったようです。(現在は4枚)

紙垂しでとは、一般的にその名の通り紙でできており、注連縄に垂らし、神域を示す象徴とされるものです。
   

明治44年




参拝者で賑わう境内の様子です。
   

昭和23年




東京大空襲により焼失してしまった御社殿を再建するに先立ち、地鎮祭をご奉仕している様子です。
   

昭和25年6月10日




幣殿・拝殿の上棟式に、三笠宮崇仁親王殿下がご参列されました。(左・最前列)
   

昭和25年6月10日




上棟式後の餅撒きで賑わう様子。
   

昭和26年




桜田通りから見た様子。
前の通り(桜田通り)に都電の線路が見えます。
   

昭和26年11月10日




落成式において、当時の前大蔵大臣であった泉山三六氏より祝辞を賜りました。
   

昭和26年11月10日




御神楽や稚児行列などが、虎ノ門界隈を盛大に練り歩きました。
   

昭和44年


現在
   
毎月10日には境内に露店が出店し、賑わいを見せます。(曜日や天候によって出店状況は変わります)





↑虎ノ門界隈の移り変わりのページへはこちらからどうぞ


写真館トップへ戻る


虎ノ門 金刀比羅宮
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目二番七号
TEL : 03-3501-9355
Copyright 2007 KOTOHIRA-GU All Rights Reserved.